スポンサーリンク

入社式の服装やマナーは?やってはいけないNGは?【男性スーツ編】

入社式 スーツ

社会人となる一番最初のイベントが入社式です。社会人として大人の仲間入りを果たすわけですが、もちろん今までの学生気分では通用しません。

しっかりと社会人としての自覚と責任を持てるようにしましょう。

そして入社式では改めてその決意を確かめる場でもあります。

そこで大人として、社会人として相応しい入社式の服装やマナーについてしっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

スーツ

入社式 スーツ

色は黒の無地が最適

スーツは黒もしくはグレーか紺で柄は無地のものを選びましょう。出来れば黒がベストです。また、ストライプなどの柄が入ったものは避けましょう。

入社後は会社によっては少し明るめの色や柄が入ったものもビジネスシーンでは着用可でもありますが、入社式においては黒の無地を基本として選ぶのが無難です。

サイズが合ってないとカッコ悪い

スーツ選びでもうひとつ大切なのがサイズです。昔に買ったスーツが体型が変わってサイズ感が微妙に合わなくなった場合は新調した方がいいでしょう。また、友人などから借りるのもサイズ感が合わない場合があるのでオススメしません。

ジャケットの大きさはもちろん袖や裾の丈も自分のサイズに合った長さのものを着用しないと不格好に見えてしまいます。しっかりとスーツ屋さんでサイズを測ってもらい、自分に合ったサイズのスーツを購入することをオススメします。

シャツ

シャツは必ず白の無地を選びましょう。間違っても色の入ったものや柄の入ったシャツを着て行かないように。

入社式は式典と同じ位置づけと考えて下さい。ですのでフォーマルな白で無地のシャツを着用してください。

また、襟元の汚れやシワなどがないかもチェックしてください。購入したての新しいシャツでも折り目が入っていますので、必ずアイロンを掛けるなどしてシワのないようにしておきましょう。

ネクタイ

入社式 ネクタイ

ネクタイはスーツの中でもオシャレを楽しめるポイントではありますが、入社式においては派手なネクタイはしないように。

出来ればネイビーの目立ちすぎない柄が入っているものをオススメします。ネイビーのネクタイは白のシャツとも相性が良く、フレッシュで清潔感のあるコーディネートとしておすすめです。

また、濃い赤や水色でも問題はないでしょう。派手な赤は避けた方が無難です。

ネクタイの結び方もしっかりと練習しておくことをオススメします。ネクタイの結び方もいくつか種類がありますが、一番覚えやすい結び方で大丈夫です。

誰かに結んでもらわないとネクタイが締めれないなんてカッコ悪いですよ。

靴は黒の革靴を用意しておきましょう。

黒のスーツであれば黒の革靴がベストです。

新しい靴ではない場合は汚れなどをチェックして、前日に靴磨きなどで磨いておくことをおすすめします。

ベルト

ベルトは靴と同色を選ぶのがスーツの着こなしの基本です。ですので入社式の場合は黒のベルトを選ぶのが正解です。

出来れば光沢のあるエナメルの質感ではなく、落ち着いた質感のベルトを選びましょう。当然ですが派手なバックルのついたベルトも厳禁です。

靴下

以外と見落としがちなのが靴下選びです。靴下は黒の無地を選びましょう。間違っても白い靴下は履かないようにして下さい。学生の頃には白い靴下をはいていた方も多いとは思いますが、ビジネスシーンにおいては白い靴下はNGなんです。

また、靴下は長めのものを選ぶようにして下さい。スニーカーを履くときのようなくるぶしにも満たない長さの靴下は肌が見えてしまうためNGですよ。

不倫は文化だとおっしゃった方のように裸足に革靴なんてもっての他ですよ。

インナー

インナーに関しても無地の白、もしくはベージュを着用しましょう。柄の入ったものや色のあるものはシャツから透けて見えてしまいます。

時計

入社式 時計

ビジネスにおいて時間はとても大切です。
時間にルーズな人は仕事もルーズだと思われてしまいます。時計はなるべく用意しておきましょう。高価な時計をわざわざ用意する必要はありません

しかし、ビジネスシーンにおいて違和感のないシンプルな時計を選びましょう。
あくまでもフォーマルな場所でスーツに合う時計を身に付けるようにして下さい。

髪型

髪型は黒、必要に応じて整髪料などを使用して清潔感のある髪型で入社式に向かいましょう。内定後に髪の色を変えたりしている場合は必ず黒に戻しておきましょう。

また、前髪が長すぎたり、耳にかかっているなどしている場合は事前に美容室で綺麗に整えてもらうように。

派手で目立つような髪型はスーツには似合いません。
気持ちを引き締める意味でも黒髪でスッキリと清涼感のある髪型にしておきましょう。

入社式は式典です。つまりフォーマルな場所でもありますので、フォーマルな服装で出席するのがマナーです。社会人として最初にマナーを学べる場所でもあります。周りからひかれないように、浮かないように、しっかりとマナーを知っておくことが大切です。
 

リクルートスーツでも大丈夫?

特に問題ありません。就職活動中に着用していたスーツでも大丈夫です。

ただし、汚れやシワなどがある場合は特にですが、一度クリーニングに出して綺麗にしておきましょう。

また、ないとは思いますが、内定から入社式までの間に大きく体型が変わっているかもと感じる方は、一度着てサイズを確認しておきましょう。

当日に着てみたら「太りすぎてボタンが留まらない!」なんて最悪ですからね。

スーツの相場は20000円~40000円ぐらい

スーツを購入する際は気合いを入れ過ぎて高価のものを買う必要はありません。お金に余裕があるなら別ですが、毎日スーツを着用する職場の場合は、複数着用意しておく必要がありますので、出費に関してはそれなりに結構大変なんです。

シャツや靴、ベルト、ネクタイ、靴下、インナー、カバン、コートなどスーツ以外にも揃える必要があるものも結構ありますので、入社して間もないころは安すぎない平均的な価格のスーツで十分です。

身の丈に合ったスーツという意味でも、あまり高価なものを身に付けているとちょっと浮いたりする場合もあるので気をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEASON NAVI 下部レクタングル
SEASON NAVI 下部レクタングル
おすすめ記事



フォローする