スポンサーリンク

おすすめ水遊び用オムツ プール 海 じゃぶじゃぶ池には必須!紙とパンツタイプの違いは?

水遊び用おむつ

夏といえば海やプールへ行きたいですよね。

でもまだオムツも取れていない小さなお子さんはそのままオムツでいいの?
それとも裸?水着だけで大丈夫?と色々悩む人も多いはず。

そこでオムツがまだ取れていないお子さんがプールや海に入るときにはく水遊び用オムツについて紹介します。

スポンサーリンク

水遊び用オムツとは?普通のオムツとの違いは?

水遊び用オムツとはプールや海など水遊びをする時に着用することを前提として作られたオムツでうんちやおしっこをした時の吸水性というよりも外に漏れない構造を重視して作らています。
吸水性がないので、水の中でも水を吸って膨らんだり重たくなったりすることはありません。

水遊び用のオムツは大きく分けて2種類あり、使いきりの「紙オムツタイプ」と繰り返し使える「パンツタイプ」があります。

「紙タイプ」は普通のオムツと同じようなカタチで、使い切りになります。お出かけの際に使い終わったらその場で処分することが出来るので、濡れたオムツを持って帰らなくてもよいというメリットがあります。ただし、使い切りなので毎回コストがかかってきます。

「パンツタイプ」は水着のような素材で作られていて、ウンチやおしっこはほぼ吸収しません。ですが、洗って何度も繰り返し使えるので一つ持っておくと便利かもしれません。お出かけする際には少し不便かもしれませんが、家庭でビニールプールなどで遊ぶというような時はこちらのパンツタイプが良いかもしれません。

「紙タイプ」と「パンツタイプ」はそれぞれメリット・デメリットがありますので、その時に状況によって使い分けると良いでしょう。

「紙オムツタイプ」おすすめ商品

グーン スイミングパンツ

水を吸って重たくなったり膨らんだりしない水遊び用の使い切りオムツです。
可愛いデザインになっているのでオムツだけでも大丈夫!

「パンツタイプ」おすすめ商品

BABY SWIM(ベビースイム)

水遊び パンツ

デザインがとても可愛いらし、種類も豊富!
パンツタイプ、ビキニタイプ、トランクスタイプなど様々なタイプから選べます。
日本製でベビーのお肌に優しい防水素材を使用しているので安心。

アイプレイ スイムパンツ

アイプレイはアメリカで30年以上前から優れたベビー用品を作り続けるブランドです。
可愛いデザインはもちろん機能性も兼ね備えたオムツパンツです。

海やプール各施設の条件などを確認しておきましょう。

海やプール、じゃぶじゃぶ池などでオムツがまだ取れていないお子さんを遊ばせる際には必ず各施設にオムツの着用条件などを確認しておきましょう。

施設によっては「パンツタイプのみOK」や「水遊び用オムツを着用し、その上から水着を着用」「オムツのとれていない子供は入れない」などといった条件があります。

当日その場所に行ってからは入れないとわかってからではちょっと残念ですよね。事前に各施設に確認してからお出かけするようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEASON NAVI 下部レクタングル
SEASON NAVI 下部レクタングル
おすすめ記事



フォローする