スポンサーリンク

2019年のGWゴールデンウィークは10連休?!いつからいつまで休み?

ゴールデンウィーク

毎年4月末から5月の上旬にかけてやってくるゴールデンウィーク。この大型連休をを利用して海外や国内への旅行を計画する人も多いでしょう。

サービス業の方々にとっては「休みなんかないよー」という方々もいるとは思いますが、稼ぎ時でもあるゴールデンウィークは違った意味で気合いが入りますね。

もうすでに色々と計画している方もいるとは思いますが、まだまだこれから考えるという方のために様々なゴールデンウィーク情報をご紹介していますのでお出かけの参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

2019年のゴールデンウィークは10連休?!

毎年ゴールデンウィークが近づいてくると、今年は何連休になるのかと気になる方も多いはず。会社によっては隙間の平日を休みにしてしまい、長期に連休となることもある。

また、有給を利用して長期の連休にして海外旅行などへ出かける人もいます。

しかし2019年のゴールデンウィークは純粋に土曜日と日曜日と祝日だけで10連休になるんです!

2019年のゴールデンウィークは特別?

今年のゴールデンウィークが10連休になるとはどういうことなのでしょうか?

平成31(2019)年4月30日の天皇陛下の譲位に伴い、皇太子さまが即位され、改元される5月1日を「天皇の即位の日」として祝日となるんです。

さらに、祝日法に基づき5月1日が祝日となると、その前日と翌日も休みとなるのだとか。
2019年のゴールデンウィークは以下のようになる。

4月27日が土曜日
4月28日は日曜日
4月29日は昭和の日
4月30日が国民の休日
5月1日が天皇の即位の日
5月2日が国民の休日
5月3日は憲法記念日
5月4日はみどりの日
5月5日は こどもの日(日曜日)
5月6日が振替休日

というように平日がなくなり普通に10連休となる訳です。

10連休となると嬉しいことではありますが、これはこれでサービス業の方など大変な状況になる方も少なくないでしょう。

祝日法には「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」との規定がある。つまり5月1日が「祝日」の場合、祝日の「憲法記念日」である3日と挟まれた2日が、さらに4月29日の祝日「昭和の日」と挟まれた30日も休日となり、10連休となるのだとか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEASON NAVI 下部レクタングル
SEASON NAVI 下部レクタングル
おすすめ記事



フォローする